2013年05月11日

Amazon米国登録方法

おはようございます!ハイホープです^^

無事にPayoneerに登録はできましたでしょうか??
これでようやくAmazon輸出のできる準備が整いましたね( `ー´)ノ

それでは、いよいよAmazon米国への登録方法を紹介いたします!

まずは以下をクリックしてAmazon米国のトップページへと移動してください。
そして手順に従って登録を進めてください('ω')

Amazon米国トップページ

<Amazon米国登録手順>
1.トップページの「sell」をクリック
  トップ画面.jpg

2.「Sell Your Stuff」「Sell Professionally」を選びクリック
  セラータイプ選択.jpg
  Sell Your Stuffとは「小口出品」のことで、1点出品するごとに手数料が
  $0.99かかるものです。Sell Professionallyとは「大口出品」のことで、
  月額$39.99支払えば無制限で出品ができるものとなります。
  ご自身に合った方を選択いただければいいかと思いますが、
  小口ですと月に約40点しか出品がきでないですし、出品可能カテゴリも
  ある程度制限されてしまうので、個人的には大口がオススメです!(^^)!
  ですので、大口をクリックした前提で説明させて頂きます〜!

3.FBA(Fulfillment by Amazon)をRemove
  FBA削除.jpg
  大口出品を選択した場合、デフォルトでFBAを適用することになっています。
  ですので、画面右側の「You are signing up for...」のカテゴリに入っている、
  「Fulfillment by Amazon」の横の「Remove」ボタンをクリックしてください。
  これでFBAの適用が解除され「Check this out...」のカテゴリとなったはずです。

  もちろん、FBAを適用する方は何もせずに4へとお進みください('ω')ノ

  ※FBAとは、商品を事前にAmazonの倉庫へ送り込み、受注が来ればAmazonが
   勝手に商品の梱包および発送を実施してくれるシステムのことです。
   メリットとしては、自分で梱包と発送をしなくていいことと、即日発送が
   可能となるので、商品が売れやすくなることです。
   個人的には毎月安定して売れるようになり、発送作業に手が廻らなくなって
   から導入することをオススメしますので、まずはRemoveでいいと思います。

4.各種情報を入力
  「Sign-In Information」および「Seller Information」を入力していきます。
  Information入力―1.jpg
  (1)First and Last Nameを入力
   名、性の順で入力:山田花子 ⇒ Hanako Yamada
  (2)E-mail Addressを入力(2回)
  (3)パスワードを入力(2回)
  (4)Legal Nameを入力
   ここには名前もしくは会社名、組織名を入力します。
   個人の場合は(1)と同じ名前で問題ありません(*´ω`)
  (5)利用規約にチェックを入れ「Continue」をクリック
   Amazon Services Business Solutions Agreementの横の□にチェックです。

5.「Seller Information」を入力
  Information入力-2.jpg
  (1)Display nameを入力
   Display nameとは、Amazon内で使用する表示名のことです。
   個人名でも問題ありませんが、SHOP名とする人が多いようです('_')
   入力は英文で150字まで。
  (2)住所を入力
   「建物」「番地」「丁目」「町名」をAddressへ入力。
   「市区町村」をCity/Townへ入力。
   「都道府県」をState/Province/Regionへ入力。
  (3)Postal/ZIP code(郵便番号)を入力
  (4)Country(国)を選択
  (5)電話番号を入力
   例:日本の場合は国番号の81を頭につけてください。
      080-1234-5678の場合は…
      +81-80-1234-5678となります。(最初の0は省く)
  (6)Main Product Categoryを選択
   Amazonであなたが主に扱う商品カテゴリーを選択してください。
   特に決まっていない方は何でもOKです(#^^#)
  (7)Number of Products you plan to listを選択
   Amazonであなたが出品する点数を選択してください。
   こちらも何でもOKですが、多いほうがいいと思います(*´ω`)
  (8)Save & Continueをクリック

6.「Credit Card Information」を入力
  クレジットカード情報入力.jpg
  ここでは、月額$39.99が引き落とされる口座の設定を行います。
  クレジットカードの各種情報を入力し、Save & Continueをクリックしてください。

7.「Identity Verification」の実行
  電話確認画面.jpg
  Amazonより電話確認を実施する必要がありますので、記載されている電話番号に
  間違いがないことを確認したうえで「Call Me Now」をクリックしてください。
  すると、Amazon米国から自動的に電話がかかってきます。

  PINコード.jpg   
  電話に出ると英語でしゃべりかけられますが、自動音声なので返事しなくてOK。
  ここで画面に表示された「Your PIN(4ケタの数字)」を入力してください。
  入力が終わると自動的に電話が切れますので、それまでお待ちください^^
  英会話は一切必要ありませんのでご安心を( `ー´)ノ

8.「Tax Identity Information」の入力
  以下ステップで納税情報を入力してください。
  (1)「Launch Interview Wizard」をクリック
  (2)「Start Interview Wizard」をクリック
 
  ここから納税について質問に答えていきます。

  (3)納税情報に関する書類に署名するよう要求されるかもしれないがそれに同意しますか?
   税金に関する書類を電子的に受け取ることに同意しますか?
   といった質問ですので、どちらもYESにチェックを入れてください。
   納税画面1.jpg

  (4)U.S. citizen(合衆国市民)か U.S. resident(合衆国住民)、
   U.S. partnership(合衆国共同経営会社)、U.S. corporation(合衆国の会社)
   なのか聞かれますので、ここではNoにチェックを入れてください。
   納税画面2.jpg

  (5)そうすると「納税に関しては合衆国の人間ではないという選択がされました。
   次にあなた、あるいはビジネスの詳細を聞いていきます」と表示されますので、
   Continueをクリックして先に進んでください。
   納税画面3.jpg

  (6)Personal Informationを入力
   ここでは名前、住所、郵便番号などSeller Informationと同じ内容で
   問題ありませんので、記入していきます('◇')ゞ
   法人ではありませんので、organization nameは記入不要です。
   Is your mailing address the same as permanent address?はYesにチェック。
   納税画面4.jpg

   入力完了後、Continueで次に進んでください。

  (7)最後に入力事項に間違いないかチェックしてください。
   問題なければ「Sign Here」のところにフルネームを入力して
   Continueをクリックしてください。
   納税画面5.jpg

  (8)Signature of beneficial ownerにフルネームが入力されている事を確認のうえ、
   Capacity in which actingで「self」個人を選択してください。
   E-mail address used to log in to your Amazon accountのところに
   アカウントに登録してあるE-mailを入力し、「Submit W8」をクリックします。
   納税画面6.jpg

  (9)アカウント情報がActiveとなり完了です。
   納税画面7.jpg

これで登録作業は完了となります(*´ω`*)
長かった〜w


posted by ハイホープ at 12:12| Comment(0) | Amazon米国登録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。